リベッティングマシンとは?

リベット(鋲)を加⼯し、複数の部品を接合する⼯作機械です。

リベッティングマシンは、カシメ機とも呼ばれています。

⾝近なモノではハサミやキャスターの接合部、ドアのヒンジなどに使われています。

部品の接合方法は、カシメ以外にネジ・ボルト留めや溶接等があります。

カシメでは、半永久的に接合することができるため、ネジ・ボルト留めのように振動で緩むことはありません。

また、仕上がりは一定の品質が保たれ、溶接のように作業者の技能により仕上がりが変化することはありません。

リベッティングマシンは、リベットの頭部のみを塑性変形させることも大きな特徴です。これにより、プレス接合のようにリベットの胴部が変形(膨れる)ことがありません。

リベッティングマシン
リベッティング前。リベット(鋲・びょう)をセットした状態。
リベッティングマシン
リベッティング後。頭をつぶすことで、半永久的に結合されます。仕上がりも綺麗です。

リベッティングマシンが使用されている部品

このような特徴から、リベッティングマシンは幅広い業界で使用されています。特に自動車部品では使用される箇所が多く、ドア、シート、ワイパー、シートベルト、ハブベアリング等、車体に係る可動部には多く使用されています。

その他にも「こんなところにまで!?」と思われる部品にも使われています。

航空機、船舶、鉄道車両、自転車、タービン、介護用ベッド、内視鏡、パソコン、カメラ、空調設備、脚立、包丁、義肢、マンホール蓋、手錠…など

リベッティングマシンは、私たちの暮らしで使用されている様々な製品のモノづくりに貢献しています。