リベットロニクス rivetronics

最先端を呼吸し、独創性に磨かれて進化するマシン

ヨシカワが最初に開発したリベッティングマシンは、スプリングを利用した打撃式のかしめ機でした。その後、この機械に改良を重ね、スプリングに変えて油圧式を採用。さらに打撃式から揺動運動方式を導入し、現代のリベッティングマシンに通じる原形が完成。精度、強度、作業性などすべてにおいて飛躍的に向上しました。

今では、最先端テクノロジーを駆使した電動サーボ方式を開発。主要機構に電動サーボ制御を採用することで、より一層の高精度化を実現するとともに、マシン操作の習熟度に関わらず高精度のリベッティング作業が可能になるなど、リベットロニクスを結集した高性能システムとして、各ユーザーから高く評価されています。

人に優しく、プロセスに新しく。このテーマを追求した製品の一台一台には、常に最良を見つめた技術革新と豊かな独創性が凝縮されています。国内外で150件以上にもおよぶ特許取得がその証しです。

確かさを軸としたトータルなクオリティ。高度な性能はもちろん、操作スイッチ一つにいたるまで計算し尽くされた私たちのリベッティングマシンは、ワイドな産業分野でなくてはならない存在感を築いています。

多様なニーズをひとつひとつ満たす信頼の世界品質

ユーザーニーズを100%満たす製品づくり。ヨシカワのリベッティングマシンは、ほとんどすべてがカスタム仕様です。

豊富なラインナップをベースに、ユーザーの製品や生産ライン、また使用するリベットなど多様な条件に応じて最適のシステムを開発しています。いわば、リベッティングの数だけ、リベッティングマシンの種類があるということです。

単に要求に応えたシステムを提供するだけでなく、より効率的なリベッティングへの提案も積極的に行うために。私たちは、常にユーザーにとってのベストを考え、私たちならではのノウハウや発想を生かして理想のリベッティングマシンをお届けしています。

高精度・省力化・高速化。多角的に性能を高めながら、みずからの限界を引き上げ続ける私たちのリベッティングマシン。

その信頼のクオリティは、国内はもとより、アメリカ、カナダをはじめアジア各国などグローバルに活躍しています。フィールドを広げ、海を越えて、真価を発揮するヨシカワの技術の結晶たち。今日も世界のどこかで、静かに、そして滑らかにリベッティングしています。

Placeholder image
創業当時からヨシカワを支えてきた職人が、インサートの先端を切り出し、磨きをかける。
Placeholder image
本社工場でUS-70機を生産中。